現代社会は眼精疲労が出やすい~サプリメントで悩みを吹き飛ばそう~

疲れ目

検査で早期発見

疲れ目

クレアチニンの数値を知るために検査することが必要になります。検査方法は、クレアチニンクリアランスといった検査があります。より正確に数値を調べることができるので、多くの検査を行なっています。クレアチニンクリアランスは、血液中のクレアチニンと尿内に含まれているクレアチニンを測定して県産式から腎臓の機能状態を調べることができる検査になります。
ろ過検査をする方法は、他にもいろいろなものがあります。イヌリンを計算するイヌリンクリアランスがあります。しかし、この方法では腎臓の機能が3分の2まで低下しないと発見することができないので早期発見を見逃すことになるリスクがあります。
また、イヌリンクリアランスは計測が難しかったですが、今では、簡単にろ過数値を調べることができる方法が開発されています。

クレアチニンクリアランスの検査方法は医療機関によって異なります。短時間法や24時間法があります。言葉のままですが、短時間法は、2時間から3時間くらいかかる検査方法で24時間法は、血清中のクレアチニン値を安定させる必要があるので、24時間必要になります。
検査の方法は、血を採る採血や尿を採る採尿を1回ずつ行う1回法があります。また2回ずつ行う2回法もあります。
検査をする時には、水を飲んで1時間後に排尿をして採尿します。その後に採血と採尿を行います。正確な数値を計算するためには、尿を全て出すことが必要になります。また時に尿量と血液の検査でクレアチニンクリアランスを計測することができます。